• 課題

    今日の環境で競合優位性を得るには、リアルタイム分析や開発/テストの改革など真の俊敏性が必要になります。これらは、アプリケーションと統合されたコピー サービス、および、柔軟でオン デマンドの拡張が可能なストレージを必要としています。

    実際に、従来のストレージは常にボトルネックでした。つまり、混在ワークロードの統合ができませんでした。このため、データベース、分析、ビジネス アプリケーションの相互関連するワークロード間で、データ移動を可能にするコピー データ管理を実現できなかったのです。高コストのストレージの無秩序な増加、脆弱なパフォーマンスのSLA、何日もかかるコピー処理が阻害要因になりました。その結果、ビジネス プロセスの競争力がなくなり、IT部門とアプリケーション チーム間の軋轢が非常に高まりました。これからは違います。

    XTREMIOで解決

    最終的には、混在するストレージ ワークロードとワークフロー全体をスケールアウトXtremIOオール フラッシュ アレイで統合し、俊敏性を実現できます。プライベート クラウド? ハイブリッド クラウド? 物理環境? 本番用と非本番用のコピー? XtremIOではそのいずれかを高速化します。または、関連するものすべてを高速化します。SLAのリスクがなく、効率性が大幅に高まります。

    任意のワークロードを想定:データベースと分析、ビジネス アプリケーション、VDI プライベート/ハイブリッド クラウド、これらすべてをまとめて統合することを想定してください。今まででもっともシンプルなインフラストラクチャで、すべてにセルフ サービスを使い高速化します。今まで不可能と思われたレベルで、ビジネス プロセス ワークフロー全体を実行します。次に、XtremIOのメリットをいくつか示します。

    統合されたコピー データ管理


    アプリケーション、データベース、開発の各チームは、XtremIO仮想コピーのみが提供できる俊敏性と制御性に満足するでしょう。アプリケーションを統合することで、これらのスペース効率が高く、書き込み可能な即時のイン メモリ コピーにより、本番のSLAをリスクにさらすことなく、最高のパフォーマンスを実現します。関連するTier 1データ ワークフローと本番および本番以外のコピーを統合します。また、すべてを自動化し、ワークフローに統合して、必要な数のコピーを必要な頻度で作成します。

    妥協は不要です。競合は存在しません。


    他のベンダーのフラッシュ アレイでは、データ サービスとコピー サービスによる拡張時にパフォーマンスが低下し、予測不能になる場合があります。Tier 1ワークロードを統合するには、リスクが高すぎます。XtremIOは違います。パフォーマンス、容量、耐用年数を最大化するユニークなスケールアウト アーキテクチャと常時インラインのデータ サービスを備えています。アレイのチューニングやシステム レベルのガベージ コレクション? 完全に必要なくなります。

    高度な技術を 簡単化


    この混在ワークロードの統合とビジネス プロセスの俊敏性の新たな時代には、最新の革新的テクノロジーが必要になります。ただし、複雑である必要はありません。XtremIOを使用することで、「自動化された」ワークロードの統合により、管理の大幅な簡素化、導入の迅速化、オン デマンドのセルフ サービスによるコピーが実現します。俊敏性に優れたデータセンターの実現はすぐにはできません。それが簡単にできます。

    容量のスケールアウト


    数ペタバイトの効率の高いオール フラッシュ容量を実現します。これは今までにないデータセンターの統合規模を意味します。

    パフォーマンスのスケールアウト


    安定したサブミリ秒のレーテンシーで、数百万の一貫したIOPSおよび膨大な帯域幅にスケールアウトできます。ワークロードの拡張? 心配ありません。X-Brickを追加することで、ワークロードを停止することなく、オン デマンドで拡張できます。

    データ サービスのスケールアウト


    最も優れたコスト パフォーマンスのデータ削減、暗号化、レプリケーション、保護を実現します。すべてが常にインラインで、パフォーマンス インパクトはありません。

    混在ワークロードを統合するXtremIOの詳細情報

    • xtremioオール フラッシュ アレイ リソース ライブラリ
    • XtremIOの関連資料、ビデオ、参考事例など

      データ シートから詳細なスペックまで、EMC XtremIOオール フラッシュ アレイがビジネスにもたらす独自のメリットを、すべてご確認いただけます。 

      リソース ライブラリを見る