• オール フラッシュ アレイとは

    オール フラッシュ アレイは、SSAまたはソリッド ステート アレイとも呼ばれるデータ ストレージであり、複数のフラッシュ メモリ ドライブで構成されています。「オール フラッシュ アレイ」という用語が使われる場合、一般的に回転式メディアなどの他のデータ ストレージ、最近では、回転式メディアとフラッシュを組み合わせたハイブリッド フラッシュ アレイと比較されます。オール フラッシュ ストレージは可動部品を使用しないので、熱の発生、使用電力、保守の必要性が大幅に少なくなります。機能面では、オール フラッシュ テクノロジー(およびフラッシュ アレイ全般)は、非常に優れたパフォーマンス、レーテンシーの急激な増加の回避、優れた災害復旧、リアルタイム分析のサポート、非常に高速なデータ転送速度を実現しています。これにより、ITスタッフは従来のタスクから解放され、他のタスクに集中できるようになります。オール フラッシュ アレイは、次世代のビジネス アプリケーション、およびオール フラッシュ データセンターに対応する基盤を提供します。

    XtremIOオール フラッシュ アレイのメリット

    次のお客様参考事例で、XtremIOの驚くべきインパクトを確認します。

  • すべてのニーズと環境に対応した独自のデータセンター サービス。冗談ではありません。

    アプリケーションとインフラストラクチャの管理



    アプリケーションと統合されたコピー管理

    セルフ サービス プロビジョニング、オーケストレーション、自動化

    サード パーティのアプリケーション インターフェイス(SAP、vRealize、Microsoftなど)を介したストレージ管理

    REST API、CLI/スクリプト管理フレームワーク 

    ストレージ パフォーマンス監視



    サード パーティのアプリケーション監視プラットフォームの統合(SAP、Oracle、Microsoftなど)

    仮想監視プラットフォームの統合

    高度なストレージ分析と履歴レポート作成

    ストレージ リソース管理のレポート作成 

    ビジネス継続性/災害復旧



    ローカルなデータ保護

    非同期の複数データセンター レプリケーション

    継続的な可用性

    効率化された直接的なバックアップ

    PowerPathによるマルチパス機能

    統合インフラストラクチャ/システム統合



    DB、VDI、ハイブリッド クラウド ソリューション向けの、完全にテストされた事前構成済みのコンバージド インフラストラクチャ 

    iCDM(統合されたコピー データ管理)とは

    iCDM(統合されたコピー データ管理)は、プライマリ データと関連コピーの両方を同じスケールアウト型のオール フラッシュ アレイ上に統合することにより、高パフォーマンスで効率性に優れた、瞬時のアプリケーション コピーを可能にします。統合されたコピー データ管理により、安定した一貫性のあるIOPSとレーテンシー、必要に応じてより高いパフォーマンスにスケールアウトできる機能が向上します。統合されたコピー データ管理は、どのようなデータ セットであっても、ほとんど量には関係なく、スペース効率の良い方法で、高パフォーマンスのコピーを即時に作成し、SLAに影響を与えません。さらに、アプリケーションの統合とさまざまなアプリケーション ワークフローを自動化することもできます。また、iCDMにより、アプリケーション、データベース、開発の各所有者は、コピーの生成とプロビジョニングを自己管理できます。効率的な高パフォーマンスのコピーを提供することによって、iCDMは、テスト/開発のサイクルを短縮したり、運用の改善によって生産性を高め、リスクを低減したりできます。

    アジャイル データセンターとは

    アジャイル データセンターは、理想的なデータセンターとITサービス モデルの代名詞です。即時のオンデマンド コピー サービスと合理化された統合インフラストラクチャで、すべてのワークフローを完全にオーケストレーションします。データセンターは、VMwareなどの仮想化テクノロジーを利用して、混在サーバー ワークロード統合を実現してきましたが、今でもほとんどすべてのデータセンターでは、個別ワークロードの専用サイロで、ストレージが無秩序に増加しています。VMwareを利用した混在サーバー ワークロード統合のように、アジャイル データセンターのメリットは、単なるインフラストラクチャの節約ではなく、統合ビジネス アプリケーション、開発/テスト環境などの統合用途にわたる、実際のワークフローの俊敏性向上にあります。スケールアウト オール フラッシュ アレイは、最終的にアジャイル データセンター向けの混在ワークロード統合を可能にし、リアルタイム分析と開発などにメリットがある競争力の高い俊敏性、オン デマンドでの容量/パフォーマンスの拡張とプロビジョニングで大幅なTCO削減を可能にするインフラストラクチャの俊敏性を実現します。

    VDIストレージとは

    VDIストレージは、ラップトップやPCなど基盤となるハードウェア コンポーネントからユーザー デスクトップ(OS、アプリケーション、データ)を切り離すテクノロジーです。仮想化デスクトップは、一元化されたインフラストラクチャでホストされます。ユーザーは、ネットワーク上でリモート ディスプレイ プロトコルを使用して、さまざまなエンド ポイント デバイスから同じデスクトップにアクセスできます。VDIストレージの導入を成功させるには、エンタープライズ グレードのストレージが欠かせません。

     

    データベース ストレージとは

    データベース ストレージには、ビジネスとそのミッション クリティカルなアプリケーションのSLAやニーズを満たすために、一貫性のある予測可能な低レーテンシーが必要です。データベース ストレージは、継続的にスケールアウトできる必要があります。コピー データ管理機能が、これを効率化します。効果的なライフサイクルの自動化により、データベース コピーをオンデマンドでプロビジョニングおよび転用する機能です。