<< ビジネスへのサービス ブローカーになる

IT組織とプロセスの設計

役割を定義し、新しいサービス センター運用モデルを作成して、ITaaS(サービスとしてのIT)を提供するプロセスを開発します。

現在、ユーザーは、ITaaS(サービスとしてのIT)を提供する外部プロバイダーと同じ基準をIT組織に求めています。一方、IT部門は、その基準の達成に苦慮しています。IT部門が直面している障害は、テクノロジーではなく、人員、プロセス、組織構造が障害となりがちであるため、IT部門がこの基準を達成するには、テクノロジー サイロを脱却し、横断的な「サービス センター」モデルを採用する必要があります。

では、どこから手をつければよいのでしょうか。ITサービス センターを設置しましょう。その展開中に、ITaaSの主要な機能をサポートする新しい役割やプロセスが出てきます。

まず、サービス センター モデルをサポートするために必要となる次の重要な役割を定義する必要があります。

  • 渉外マネージャは、複数のビジネス ユニットと緊密に協力して、ビジネスのニーズをとらえて予測し、予測内容を他の運用機能部門に伝えます
    • サービス ポートフォリオ マネージャは、ユーザーのニーズに合わせてITaaSサービス カタログを調整し、新しいサービスに簡単にアクセスできるように説明を行って、価格、SLA、セルフ サービス ポータルを提供します
    • サービス運用マネージャは、サービスのモニタリング、測定、サポート、改善努力を続けながら、タイムリーなサービス提供と日常的な運用の責任を担います

    需要、財務、容量、サービス カタログ、サプライヤー管理、要求達成といった重要な機能をサポートするには、業務関係とサービス ポートフォリオの管理プロセスに加え、ITILベースのプロセスをさらに7つ構築する必要があります。

    初期段階からITaaSのライフサイクル全体を通じて、EMCは、このような変革をより俊敏性と対応力の優れたITに誘導するサービス ポートフォリオを用意しています。