• PowerEdgeサーバ
    今すぐ購入

    サーバ イノベーションの扉を開く

    拡張性、インテリジェントな自動化、統合セキュリティの新基準、次世代Dell EMC PowerEdgeサーバをご紹介します。提供開始はまもなくです。

    詳細情報

    イノベーションを推進するために設計された機能豊富なプラットフォーム

    Vector Smart Object

    拡張性の高いビジネス アーキテクチャ

    非常に拡張性の高いアーキテクチャと柔軟な内蔵ストレージで、幅広いアプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めます。

    pilar-manage

    インテリジェントな自動化

    生産性を大幅に向上させる組み込みインテリジェンスにより、導入から廃棄にいたるITライフサイクル全体を自動化します。

    Vector Smart Object2

    セキュリティの統合

    アドオンではなく、各サーバに組み込まれた深層防御が、お客様とビジネスを保護します。

    No.1のサーバ販売台数1

    10.5速いオンライン トランザクション処理2
    99% 速い ゼロ タッチ自動化による構成3
    10k サーバ を瞬時に導入可能3

    Intel® Xeon®プロセッサーを搭載したDell EMC PowerEdgeサーバが業界No.1である理由をご説明します。1

    全ポートフォリオは以下をご覧ください。

    PowerEdge R730

    PowerEdgeラック サーバ

    あらゆるワークロードに適応可能で柔軟性と拡張性に富むプラットフォームが、変化する要求に対応し、ビジネスを成功へと導きます。PowerEdgeラック サーバは、リソースのバランスを慎重に考慮して設計されており、最大限のパフォーマンスを発揮します。

    • 世界最高記録のSAP HANA®パフォーマンス6
    • 最も広範なPowerEdgeのサーバ内ストレージ オプション
    • 業界で初めてSSDとHDDを使用したデュアルRAIDバックプレーン フレックス ゾーニング(R730xd)
    最大で 17倍 速いファイル
    アクセス8
    最大 1.5TBメモリ
    最大 130TBストレージ
    PowerEdge C6320

    Dell EMCのモジュラー インフラストラクチャ

    柔軟なコンピューティング、ネットワーキング、ストレージの各モジュールで、運用コストを削減できるだけでなく、サーバ インフラストラクチャの正確なカスタマイズ、迅速な導入、簡単な管理が可能です。

    • FXアーキテクチャ — 業界最高密度の2ソケットおよび4ソケット ソリューション
    • VRTX — ラックマウント型またはタワー型プラットフォームのPowerEdgeブレードと柔軟なストレージ
    • M1000e — 共有電源、冷却装置、ネットワーキング、管理機能搭載のモジュラー ブレード エンクロージャ
    最大 224 コア(2Uスペース)
    (FC430)
    最大 6TBメモリ
    (FC630)
    最大120TB共有可能ストレージ
    (VRTX)

    PowerEdgeタワー サーバ

    パワフルかつ効率的で汎用性に優れたPowerEdgeタワーは、組織の拡大に応じてお客様のペースで拡張できるように設計されています。

    • 柔軟な構成:大きな内部容量により実現
    • 広範なポートフォリオ:ターゲットはSOHO、ROBO、SMB市場
    • ラックマウント型:企業に成長に合わせて引き続き使える
    最大 4GPU
    最大 1.5TBメモリ
    最大 180TB容量
    PowerEdge T630

    システム管理ソフトウェア

    OpenManageポートフォリオにより、ITライフサイクル全体をコントロールして自動化します。IT運用効率が向上するだけでなく、サーバの生産性、信頼性、コスト パフォーマンスも向上します。

    • いつでも、どこでも、ほとんどすべてのデバイスでサーバの管理と監視が可能
    • VMware® vSphere®、Microsoft® System Center、Nagios®との簡単な統合により、既存の管理コンソールを活用
    99% 高速な
    構成3
    90%速い
    修正サポート7
    91%軽減された
    IT管理時間3

    PowerEdge Ready Nodes

    選択肢を最大限に広げ、プロジェクト リスクをなくし、ソフトウェア デファインド ストレージ環境のTCO(総所有コスト)を削減します。

    Dell EMC VMware vSAN Ready Nodes

    Dell PowerEdgeサーバのVMware vSANソフトウェア デファインド ストレージ。

    Dell EMC ScaleIO Ready Nodes

    ハイ パフォーマンスなPowerEdgeサーバとDell EMC ScaleIOのソフトウェア デファインド ブロック ストレージ機能を組み合わせています。

    データセンター インフラストラクチャ

    Dell EMCデータセンター インフラストラクチャ ソリューションにより、データセンターの内外の重要インフラストラクチャの管理をシンプルにします。

    • サーバ、ストレージ、ネットワーキングの機器を汎用性に優れたラック エンクロージャに導入
    • KVM(キーボード、ビデオ、マウス)およびKMM(キーボード、モニタ、マウス)ソリューションにより、さまざまなローカルおよびリモート サーバを管理
    • 信頼性の高い電源を提供し、インテリジェントな無停電電源装置
      (Dell EMC Smart‑UPS)によりIT機器を保護

    サーバを更新。競争力の回復。

    定期的にサーバをアップグレードすることで、年間数百万ドルの設備投資と運用コストが節約できます。新しいDell EMC PowerEdgeサーバでモダナイズすれば、パフォーマンスが大幅に向上します。

    定期的にサーバをアップグレードすることで、年間数百万ドルの設備投資と運用コストが節約できます。新しいDell EMC PowerEdgeサーバでモダナイズすれば、パフォーマンスが大幅に向上します。

    11倍に拡大された

    OLTPワークロード4

    50%速い

    意思決定支援4

    3.1倍以上

    の高負荷に耐える仮想マシン4

    8.9倍のワークロード

    パフォーマンス4

    毎秒300百万回以上の読み取り

    で不正行為を防止5

    お客様の事例

    Honeywellプロセス ソリューション

    Honeywellは、Dell EMCと協力して、Dell EMC PowerEdge FXモジュラー アーキテクチャとVMware vSANソフトウェア デファインド ストレージを使用した次世代型プロセス管理ソリューションを提供しています。

    ビデオを視聴する
    お客様の事例

    TACCのBig Data分析を支援

    TACC(Texas Advanced Computing Center)で、PowerEdgeサーバの優れたBig Data処理および分析パフォーマンスが、大量の複雑な調査研究にどのように活用されているかをご覧ください。

    ビデオを視聴する

    最適なPowerEdgeソリューションをご確認ください

    PowerEdgeテクノロジーを使用したITトランスフォーメーションに関するご質問は、
    Dell EMCスペシャリストまでお問い合わせください。

    1「IDC WW Quarterly Server Tracker, 2016 Q4 Historical Release」(2017年3月1日) Dellの世界市場におけるx86サーバ ユニット数の市場占有率は21.0%であり、HPEの市場占有率20.5%を上回っています。市場占有率ベースにおいて、統計的には50bps以内でNo.1を分け合っていると見なされています。

    2 Dellの委託によるPrincipled Technologiesレポート「Database Performance and Resiliency on the Dell PowerEdge R630 Running Microsoft SQL Server 2014」(2014年9月)に基づき、Dellの第13世代R630(8 x 2.5インチHDD)と第13世代R630(24 x 1.8インチSSD)上でMicrosoft SQL Server 2014を実行した場合の数値を比較しています。実際のパフォーマンスは、構成、使用方法、製造時の条件によって異なります。

    3 Dellの委託によるPrincipled Technologiesレポート「Simplifying Systems Management with Dell OpenManage on 13G Dell PowerEdge Servers」での、エンタープライズ レベル システム管理機能搭載のDellの第13世代R730のテスト(2014年8月)に基づいています。

    4 Dellのソリューションパフォーマンス分析チームが、業界標準の複数のベンチマークを使用して2016年8月に実施した、標準的なお客様の構成で設定したDell PowerEdge R710とR730の比較テストに基づいています。このテストでは、追加された2つのデータベース ワークロードのパフォーマンスを比較しました。実際のパフォーマンスは、構成、使用方法、製造時の条件によって異なります。詳しくは、http://www.dell.com/en-us/work/learn/assets/shared-content~data-sheets~en/documents~r710_r730_perf_imprv_wp_final.pdf(英語)をご覧ください。

    5 Dellの委託を受けてDemartekが2015年12月に実施したテスト検証報告「Dell PowerEdge R730xd Servers with Samsung SM1715 NVMe Drives Powers the Aerospike Fraud Prevention Benchmark」の結果に基づいています。http://www.dell.com/en-us/work/learn/assets/shared-content~data-sheets~en/documents~dell_poweredge_r730xd_server_powers_aerospike_fraud_prevention_benchmark.pdf(英語)

    6E7v4プロセッサー搭載Dell PowerEdge R930に対する20億の初期レコードを使ったSAP BW-AMLベンチマーク(29,560拡張クエリー ナビゲーション ステップ)の結果に基づいています。SAP認定番号2016026は、次のWebページで確認できます。www.sap.com/benchmarkE7v4プロセッサー搭載Dell PowerEdge R930に対する40億の初期レコードを使ったSAP BW-AMLベンチマーク(18,440拡張クエリー ナビゲーション ステップ)の結果に基づいています。SAP認定番号2016026は、次のWebページで確認できます。www.sap.com/benchmarkE7v4プロセッサー搭載Dell PowerEdge R930に対するSAP SD SAPSベンチマーク (226,300SAPS)の結果に基づいています。SAP認定番号2016028は、次のWebページで確認できます。www.sap.com/benchmark 2016年5月にSAP Benchmark Councilにより認定された(Cert #2016019)、SAPベンチマークを使用したDell内部のテストに基づいています。

    7Principled Technologiesによる第三者ラボ テスト(「Resolving Server Problems with Dell ProSupport Plus and SupportAssist」2015年9月)に基づいています。

    8Dellの委託によるPrincipled Technologiesのレポート「File Server and Database Performance on the Dell PowerEdge R730xd with Hybrid Storage」(2014年8月)に基づいています。Dell PowerEdge 730xd(Windowsファイル共有サービスを実行中のWindows Server 2012 R2が稼働)および階層型Windows記憶域スペース ボリューム(8 x 前面プレーン3.5インチHDDと18 x 1.8インチSATA SSD構成)と、旧世代PowerEdge 720XD(Windowsファイル共有サービスを実行中のWindows Server 2008 R2が稼働)およびRDIS10ボリューム(24 x HDD)を比較しました。