• コピー データの無秩序な増大をきっぱりと断つ、
    グローバルな監視付きのセルフ サービス。

    eCDM(EMC Enterprise Copy Data Management)は業界初の先進的なデータ管理プラットフォームであり、次のような機能を備えています。

    • 検出:企業全体にわたりコピーを無停止でグローバルに監視
    • 自動化:SLOコンプライアンスの自動化と効率的なコピー作成
    • 最適化:行動に移せる洞察に基づくIT運用
  • 課題

    コピー データの無秩序な増大に伴う企業のコストは、2018年までに500億ドルに達すると予測されています。

    コピー データには、バックアップや災害復旧用のコピー、データ保護用のスナップショットなど、あらゆるものが含まれます。また、分析用コピー、パッチ テストやサンドボックスなどIT運用のためのコピー、テストや開発用のコピーも含まれます。こうしたコピーの過剰で無秩序な増加がデータの増大に拍車をかけ、企業がそのストレージと保護に費やすコストは2018年までに500億ドルに達すると予測されています。

    このコピー データの急増はセルフ サービスへの移行によって加速され、グローバル管理が行われていないので、企業全体でコピー作成のサイロ化が進行しています。そのため、82%の企業では1つの本番データ インスタンスに対して10個以上のコピーを作成しています。

    コピー データの課題に関するIDCの詳しい資料を見る
  • IDCはストレージ容量全体の
    45~60%

    がコピーに消費されていると推定

  • これは、
    世界全体で500億ドル

    のコストとなる 

  • この問題により
    82%

    の企業が、1つのデータ インスタンスに対して10個以上のコピーを作成



  • IT管理

    効率性の最適化と運用の合理化

    eCDMにより、運用効率を最適化して運用を合理化し、コピーの無秩序な増加を抑えることができます。

    バックアップおよびストレージ管理者

    グローバルなSLOコンプライアンス

    コピー データのグローバルな監視とカスタマイズした保護計画へのコンプライアンスを実現

    アプリケーション所有者およびデータベース管理者

    ネイティブ ユーティリティを使用したセルフ サービス

    ネイティブ ユーティリティを使用してセルフ サービスですべてのコピーにアクセスでき、コピーの作成を直接制御する権限も維持