• コピー データの無秩序な増加を確実に管理。
    グローバルな監視付きのセルフ サービス。

    EEMC eCDM(Enterprise Copy Data Management)は、次の機能を備えた業界初のモダン データ管理プラットフォームです。

    • 検出:企業全体にわたるコピーを無停止でグローバルに監視
    • 自動化:SLOコンプライアンスと効率的なコピー作成を自動化
    • 最適化:実行可能なインサイトに基づくIT運用
  • 課題

    コピー データの無秩序な増加により、2018年には企業は500億ドルのコストを負担することになります。

    コピー データには、バックアップやDRコピーからデータ保護用スナップショットまでのすべてのものが含まれます。また、パッチ テストやサンド ボックスなどのIT運用向けコピーやテスト/開発用コピーに加えて、分析用コピーも含まれます。このような過剰なコピーの無秩序な増加はデータを急増させ、2018年には企業は500億ドルを超えるストレージと保護のコストを負担することになります。

    このコピー データの急増はセルフ サービスへの移行によって加速され、グローバル管理が行われることなく、企業全体でコピー作成のサイロ化が進んでいます。これにより、82%の企業で、1つの本番データ インスタンスに対して10個以上のコピーを作成しています。

    IDCによるコピー データ問題の詳細はこちら
  • IDCの予測では
    45%~60%

    のストレージ容量がコピー専用に使用される

  • 全体で
    500億ドル

    の支出 

  • この問題により
    82%

    の企業が1つのデータ インスタンスに対して10個以上のコピーを保有



  • IT管理者向け

    効率性を最適化し、運用を効率化

    eCDMは、運用の効率性を最適化し、運用を効率化することで、コピーの無秩序な増加を抑制します。

    バックアップおよびストレージ管理者向け

    グローバルなSLOコンプライアンス

    コピー データに対するグローバル監視と、カスタマイズされた保護計画へのコンプライアンスを実現します。

    アプリケーション所有者およびデータベース管理者向け

    ネイティブなユーティリティによるセルフ サービス

    すべてのコピーに対するセルフ サービス アクセスを可能にし、ネイティブなユーティリティによるコピー作成を直接制御できるようにします。

  • その答えは

    コピー データの海で溺れない

    今が混沌としたコピー データに秩序をもたらすときです。モダン コピー データ管理を採用して運用を効率化する方法をご確認ください。

    EMCコア テクノロジー ブログで詳細を読む