• KPIT、オール フラッシュ ストレージによりVDIのニーズを実現

      EMC XtremIOにより、KPTIはVDIのサイズを2倍にしつつ、パフォーマンスを強化し、データセンターの設置面積を削減


    • お客様

      KPIT

    • 業界

      テクノロジー

    • 製品

      EMC XtremIO、EMC VSPEX、VCE Vblock

    • 主な課題

      4年前に導入したインフラストラクチャでは、拡張されたVDIに必要なパフォーマンスを提供できなかった。データセンターの設置面積を増やしたくなかった

    • 成果

      IOPSが10倍になったことによるパフォーマンス向上、カスタマー サービス レベルの改善、データセンターの設置面積を60%削減

    課題

    インフラストラクチャのパフォーマンスが効率性を制限

    一貫性、信頼性、予測可能なVDIパフォーマンス。この要件を満たすために、KPITのIT部門は手動で階層化プロセスを行ったため、リソースのオーバーヘッドが大きくなりました。この企業は、VDIを2倍にすることで、仮想デスクトップをすべてのユーザーに拡張したいと考えていました。しかし、インフラストラクチャを4年近く更新していないため、効率的な作業に必要なミッション クリティカルなアプリケーションのパフォーマンスを、開発者やその他のユーザーに提供できませんでした。

    KPIT Technologiesは、データセンターの設置面積を増やすことなくパフォーマンスを向上させる、VDI用の新しいストレージ ソリューションを必要としていました。そのソリューションとして、EMCが注目されました。

    •  
  • EMCのアプローチ

    EMCのMahesh Dhandeは、KPIT Technologiesの副社長兼CIO、Mandar Marulkar氏と協力し、KPTIのニーズに合った最善のソリューションを決定しました。KPTIは、EMC XtremIOオールフラッシュ アレイを選択し、EMCのコンサルティング チームと協力して、より大規模なVDIの処理に最適なアレイのサイズを設定しました。

    KPTIのVDIは、現在XtremIOのみで稼働しています。また、VCE Vblockコンバージド インフラストラクチャとEMC VSPEXは、引き続きこの企業の他のミッション クリティカルなアプリケーションをサポートしています。

    •  
    • 「XtremIOを使用して、すべてのアプリケーションがフラッシュ ディスク上で稼働しています。これにより、数千IOPSが実現し、仮想デスクトップ インフラストラクチャを使用するアプリケーションで一貫性のある高速なパフォーマンスが可能になります。結果として、ユーザー エクスペリエンスが大幅に改善されます。企業が従業員の生産性を改善できれば、お客様のメリットになります。このことは、当社のサービスに対する顧客満足度の向上につながります」

      KPIT Technologies、副社長兼CIO(最高情報責任者)Mandar Marulkar氏

  • Outcomes

    VDIパフォーマンスの向上

    XtremIOによりKPTIは、VDIの一貫性と信頼できる高パフォーマンスを実現しています。リソースのオーバーヘッドの増加もなく、手動による階層化も必要ありません。IOPSが10倍になったことで、使用するアプリケーションに関係なく、柔軟な作業環境を必要とするすべてのユーザーに仮想デスクトップを提供できるようになりました。

    カスタマー サービスの向上

    XtremIOを使用することで、KPTIは、従業員により高速なアプリケーションと継続的なシステム改善を提供しています。これにより、生産性が向上し、お客様により迅速で、優れたサービスを提供できます。 

    データセンターの設置面積を60%縮小

    XtremIOとVblockのおかげで、KPTIは、データが急激に増加し、VDIインフラストラクチャを倍増した状況でも、データセンターの設置面積を60%削減できました。