• EagleView、新しい業界を創出してルーフィングを変革

      EMCビッグデータ ストレージにより、EagleViewは競争力を維持し、成長を継続


    • お客様

      EagleView

    • 業界

      テクノロジー

    • 製品

      EMC Isilon NLシリーズのスケールアウト ストレージ、VCE Vblock 300シリーズのコンバージド インフラストラクチャ

    • 主な課題

      ストレージのパフォーマンスと容量の問題は、企業の成長と競争力を脅かす。爆発的なデータ増加は予測困難 

    • 成果

      競争優位性、持続的な成長、市場の変化に敏感に反応

    課題

    ストレージを上回るデータ増大

    EagleViewは、2008年に航空写真の3Dルーフィング モデルとレポートの作成を開始し、最終的にルーフィング業界に変革をもたらしました。  その5年後に、EagleViewがPictometryと合併するまで、3000%の成長を実現し、データの増大は、ストレージ インフラストラクチャの容量をすぐに上回りました。

    EagleViewでは、毎年数千万枚の航空写真が、すでに存在する数ペタバイトのイメージ リポジトリに追加されます。EagleViewが保有するサーバーとシステムは、この増大に対応できず、レーテンシーが増加し、企業の実行能力を脅かしました。継続的なデータの増加が予想され、プロパティとイベントに結びつけられた、事前入力済みの膨大なデータセットの作成などが計画される中、EagleViewは、拡張性、パフォーマンス、可用性を備えたビッグデータ ストレージ インフラストラクチャを必要としていました。

    •  
  • EMCのアプローチ

    EMCのクライアント エグゼクティブ、Joe Osborne、デジタル ビジネス リーダーのJosh Howell、DMのNathan Thomasは、EagleViewのCIO、Chris Pershing氏、エンジニアリング チーフのFrank Giuffrida氏、エンジニアリング担当VPのDave Kinsman氏、IT管理者のGeorge Lax氏と協力して、この企業のニーズをに合った最善のソリューションを決定しました。

    EagleViewは、EMC Isilon NLシリーズのスケールアウト ストレージとVCE Vblock 300シリーズのコンバージド アーキテクチャ(EMC XtremIOオールフラッシュ ストレージを含む)を選択しました。Isilonは、EagleViewが撮影した数ペタバイトの航空写真を収容し、Vblockはアプリケーションの開発、テスト、本番展開に使用されます。

    • EMCのビッグデータ ソリューションを活用するEagleviewの技術責任者のレビューを読む
    • 「VblockとIsilonの両方を保有するメリットの1つは、非常に大規模なデータセットのディープ ストレージとしてIsilonを使用できることです。また、Vblockは、非常に高パフォーマンスなアプリケーションを実行する柔軟性があるだけでなく、バックエンドのデータストアと非常に緊密に統合されています」

      EagleView Technologiesの創業者兼CTO(最高技術責任者)、Chris Pershing氏

  • Outcomes

    パフォーマンスが可能にする競争優位性

    IsilonとVblockにより、EagleViewは爆発的なデータ増大に対処できるように、パフォーマンスを向上させることができました。航空写真の数が増加し、ファイル サイズが急増しても、以前のようなレーテンシーの問題はありません。レスポンス タイムが短縮したおかげで、顧客満足度と競争優位性が向上しました。

    拡張性の向上により、データ増大に対処

    Isilonを使用することで、EagleViewは爆発的なデータ増大への対処について懸念する必要がなくなりました。追加のペタバイト規模のストレージが必要になった場合は、追加のノードを購入するだけで済みます。Isilonは無停止で拡張でき、追加のノードをプラグ インして、電源をオンにするだけです。 

    俊敏性により、市場適応性を強化

    VblockとIsilonを両方使用することで、EagleViewは俊敏性と柔軟性を獲得し、市場状況の変化にすばやく対応できます。開発環境で新しいアプリケーションを試行した後、シームレスに本番環境に移行できます。