•  

    拡張性と俊敏性を追求するために最適化されたハイパー コンバージド システム

    • ネットワーキングが統合され、ハイパー コンバージド ラック スケール エンジニアド システムで構成されたVxRack™ System 1000は、従来のワークロードとクラウド ネイティブ ワークロードの拡張性と管理に関する要件を満たします。VxRackファミリーは、サービスとしてのインフラストラクチャまたはプライベート クラウド アーキテクチャをお客様がすばやく展開できるように設計されています。VxRackシステムでは、ハードウェアがソフトウェアおよび管理レイヤーと密接に統合されています。

    • このため、データセンターおよびサービス プロバイダー スケールで、自動プロビジョニング機能、シンプル化された管理機能、優れたレポート作成機能をサポートする、完全にテスト済みで事前構成済みのハイパー コンバージド システムとなっています。VxRackシステムはさまざまなアプリケーション ワークロードの導入をサポートしており、IT部門は全体的な俊敏性と効率性を改善しながら、新規サービスを迅速に提供することができます。

    Dell PowerEdgeサーバの統合のメリット

    VxRack System 1000は、Intel® Xeon®プロセッサーを搭載し、Dell PowerEdgeサーバとの統合により、より多くのフラッシュ容量を提供しながら、ユースケースを増やすことを実現しました。 20を超える新しい構成が利用可能となり、ワークロード要件を満たすために必要となる、計算やストレージの多い、あるいはバランスの取れた構成(オール フラッシュおよびハイブリッドモデルの両方)を追加するための高い柔軟性を備えています。 以前のバージョンと比較して2.5倍以上のフラッシュ有効容量があるため、オール フラッシュの経済性が向上するというメリットがあります。 また、最新のIntel BroadwellプロセッサーのCPUにより、フットプリントやコストを増やすことなく、パフォーマンスが40%以上向上しました。さらに、SanDisk DASキャッシュで改善されたアプリケーションの高速化により、レイテンシが低下し、I/O集中型アプリケーションのパフォーマンスが改善しました。 Dell PowerEdgeとの統合により、VxRack System 1000は、ソフトウェアからサーバを通じてハイパー コンバージド スタック全体を提供できるようになりました。そのため、組織はリスクを軽減しながら、ラック スケールのハイパー コンバージド システム上で、迅速にIaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)やプライベート クラウド アーキテクチャを導入することが可能です。

    •  

      VXRACK™ SYSTEM WITH FLEX

      VxRack FLEXをDell EMC ScaleIOと組み合わせることにより、内部ノードの直接接続型ストレージを仮想化して、SANストレージのような共有ネットワーク ベース ブロック ストレージを構築します。

      • Dell PowerEdgeサーバを使用して、ソフトウェア デファインド エンタープライズ グレードSANが完全に機能するようDell EMC ScaleIOを活用
      • 規模に応じたIaaSを提供するための柔軟な基盤を作成
      • 小規模な構成から開始し、成長に合わせて大幅に拡張可能(1000以上のノード)
      • ハイパーバイザーのすべてに対応
    •  

      VXRACK SYSTEM WITH SDDC

      VxRack SDDCとVMwareの組み合わせは、VMwareソフトウェア デファインド データセンターへの最短パスとなり、さまざまなエンタープライズ ワークロードをサポートします。

      • VMwareプライベート クラウドの基盤を実現
      • 小規模な構成から開始し、数百台のノードまで段階的に拡張可能
      • VMware NSX™を使用してネットワークおよびセキュリティ機能を強化
      • 単一コンソールの管理を実現する新しいSDDC Manager
  • Dell EMCの経験を元に開発されたハイパー コンバージド

    •  

      タイム トゥ バリューを加速する優れた俊敏性と合理性

      VxRack System 1000シリーズは柔軟性に優れたモジュラー設計のため、ユニットを段階的に追加できます。そのため、規模に応じて必要なインフラストラクチャを自由に、かつ迅速に導入することが可能です。VxRack System 1000シリーズと既存のDell EMCシステムは、VCE Vscale™アーキテクチャとのシームレスな連続性を保ちながらデータセンターの変革を促進します。VxRack System 1000シリーズを導入することで、アプリケーションや運用のサイロ化の回避、タイム トゥ バリューの短縮を可能にし、IT管理を合理化および簡素化することができます。

    •  

      統合型ラック スケール ファブリック

      極めて高い拡張性を実現するように設計されたVxRack System 1000は、Ciscoのラック スケール スパイン リーフ ネットワーク ファブリックを装備しています。 これは、ネットワーキング ドメインがシステムとサポートの範囲外にあるハイパー コンバージド アプライアンスにはない、拡張時の明らかなメリットです。 

    •  

      管理、アップグレード、維持がシンプル

      他のDell EMCシステムと同様に、VxRack System 1000製品は、その設計から製造、管理、サポート、維持に至るまで、Dell EMCがワンストップで行います。VxRack System 1000シリーズの全コンポーネントを対象としたRCM(Release Certification Matrix)確認とDell EMCサポートがリスクを軽減し、いつまでもお客様の安心をサポートいたします。

    •  

      小規模な構成から開始して拡張

      VxRack System 1000のメリットは、その柔軟性の高さにあります。アプリケーションのニーズや予算、規模の拡大に伴う需要に応じてソフトウェア デファインド データセンターの設計と導入を行うことができます。わずか4ノードから導入を開始して現在の需要を満たし、将来のニーズに備えて最大1000以上のノードにまで拡大することができます。さらに、ビジネスに足並みを揃える形でコンピューティング リソースとストレージ リソースを自由に調整することもできます。