•  

    拡張性と俊敏性を追求するために最適化されたハイパー コンバージド システム

    • ネットワーキングが統合され、ハイパー コンバージド ラック スケール エンジニアド システムで構成されるVCE VxRack™ System 1000は、従来のワークロードとクラウド ネイティブ ワークロードの拡張性と管理に関する要件を満たします。VxRackファミリーは、サービスとしてのインフラストラクチャまたはプライベート クラウド アーキテクチャをお客様がすばやく展開できるように設計されています。VxRackシステムでは、ハードウェアがソフトウェアおよび管理レイヤーと密接に統合されています。

    • このため、データセンターおよびサービス プロバイダー スケールで、自動プロビジョニング機能、シンプル化された管理機能、優れたレポート作成機能をサポートする、完全にテスト済みで事前構成済みのハイパー コンバージド システムとなっています。VxRackシステムはさまざまなアプリケーション ワークロードの導入をサポートしており、IT部門は全体的な俊敏性と効率性を改善しながら、新規サービスを迅速に提供することができます。

  • VCEの経験を元に開発されたハイパー コンバージド システム

    •  

      タイム トゥ バリューを加速する優れた俊敏性と合理性

      VCE VxRack System 1000シリーズは、柔軟性に優れたモジュール型設計により、ユニットを段階的に追加できるため、必要なインフラストラクチャを自由に、かつ迅速に導入することができます。VxRack System 1000シリーズと既存のVCEシステムは、VCE Vscale™ Architectureとのシームレスな連続性を保ちながらデータセンターの変革を促進します。VxRack System 1000シリーズを導入することで、アプリケーションや運用のサイロ化の回避、タイム トゥ バリューの短縮を可能にし、IT管理を合理化および簡素化することができます。

    •  

      ビジネスの成長に合わせて柔軟に拡張

      VCE VxRack System 1000シリーズの利点は、その柔軟性の高さにあります。アプリケーションのニーズや予算、規模の拡大に伴う需要増に応じてデータセンターの設計と導入を行うことができます。企業はVxRack System 1000シリーズにより、現状のニーズに合わせた規模で運用を開始し、将来的にはWeb規模にもスケールアップできます。さらに、ビジネスに足並みを揃える形でコンピューティング リソースとストレージ リソースを自由に調整することもできます。

    •  

      ビジネスとITのリスクを軽減

      VCE VxRack System 1000シリーズ製品は、他のVCEシステムと同様、その設計から製造、管理、サポート、維持に至るまで、VCEがワンストップで行います。VxRack System 1000シリーズの全コンポーネントを対象とするVCE RCM(Release Certification Matrix)の確認とVCEサポートがリスクを軽減し、いつまでもお客様の安心をサポートいたします。

    •  

      優れた拡張性

      VCE Vscale™ Architectureは俊敏性、合理性、各種アプリケーションへの適応性、拡張性、柔軟性に優れ、お客様のさまざまな運用モデルを支援します。VxRack System 1000シリーズはVCE Vscale Architectureの一部として組み込まれ、このアーキテクチャを通じて拡張するよう設計されています。またハイパー コンバージド インフラストラクチャによって、企業やサービス プロバイダー向けの用途の拡大と消費モデルの拡充を実現します。